がん保険の給付金の請求

がん保険の給付金をスムーズに受け取るために、日頃から誰が保険金を請求するかなどについて確認しておくことが重要かと思います。 保険証券の管理場所も家族全員でわかるようにしておくとベストでしょう。 がん保険の給付金を請求するために保険会社に連絡する時は、正確な病名や手術名を伝える必要があるので、事前に医師にしっかり確認しておきましょう。 診断書は保険会社の所定のものを使用します。診断書の費用は5千円ほどかかり、自己負担となります。 書類が受理されると、スムーズに進めば5営業日以内に指定口座に給付金が振り込まれます。 給付金の請求期限は3年になりますので、慌てて請求しなくても大丈夫です。 またがん保険の給付金の受取人を、被保険者本人にされている場合があると思いますが、生命保険では給付金の請求を被保険者が行うことが原則となります。 しかし、本来請求するべき方が、病状やがん告知をしていないなどで請求できない状態になることが十分に考えられます。 保険金や給付金は正しい手順で請求しないと、支給されるはずの給付金を受け取れないということがあります。 そういった場合に備えて、給付金や保険金の受取人が保険金を請求できない特別な事情がある場合でも、保険金の請求ができる「指定代理請求特約」をつけることをお勧めします。 指定代理請求特約は保険料は不要で、契約後でもつけることができます。



ナット 冷間圧造

大阪でSEO事業をしている業者です

豊胸するとこんな効果が得られるんです♪

ラインストーン デコレーション

特許 弁護士 知的財産



Copyright © charlie-farren.com 2011